『終わりかけの恋物語』


悲しい季節にこの時は流れ
心の真実揺れ動くだけ
抱えきれない言葉の意味は
すり切れのスニーカー現実に消える

飛び越えられない幻想の調べ
ガラスの砦が弾け飛ぶ
この道すらも枯れ果てて
はがれ出すポスター狭間に揺れる

終わりかけの恋物語
遠い空の彼方あざやかなひこうき雲
見つけられない恋物語
遠い波の上羽を休める渡り鳥

切ないざわめき足下も脆く
大きな代償指間からこぼれ出す
与えあうのは戯れの矛盾
壊れかけの腕時計風の予感

忘れられない刹那のぬくもり
夢見の果てに思い知る
いつわりだけがつなぎ止め
流れ出す絵の具波間に消える

終わりかけの恋物語
遠い街の灯り浮かび上がる二人の影
見つけられない恋物語
遠く照らされる街角の公衆電話

聞こえるつぶやき戸惑い生まれ
求め合うもの引き裂かれる
守るべきもの失うものは
錆び付いた貨物船ひとつの気持ち

裏切りと言う名の冷たい雨は
めぐる季節にかすみ行く
想い出だけが一人歩きをし
閉じかけのアルバムもう何も届かない

終わりかけの恋物語
遠い夢見の果て忘れ去られた影法師
見つけられない恋物語
遠き幻すらも抜け出せない迷宮(ラビリンス)

終わりかけの恋物語
遠い空の彼方あざやかなひこうき雲
見つけられない恋物語
遠い波の上羽を休める渡り鳥


Tomoi Fujisaki

終わりかけの恋物語-裏話し- CLOSE